チョコフレークとフェイクニュース

ある菓子メーカーの「チョコフレーク」が来年販売停止になるというニュースが流れました。
ネットでは惜しむ声に混じって、「チョコフレークを食べながらだとスマホが操作できないから」売上げが落ちたという書き込みを見かけます。
はっきり言って、フレークだけに、フェイクニュースです。
実際は、製造を行っている菓子メーカーの生産体制変更に伴うものです。全く嘘という訳ではなく、スマホが操作できなくなるというのはあるかもしれません。
それなら、ポテトチップスも同じく、売れ行きが伸び悩み、生産中止になりますが、そんなことはありません。
これもネットでささやかれたことが、広まって定説になってしまった悪い例です。
出処不詳の情報は、必ず確かめる様にしないと、フェイクニュースを信じてしまうこともあり得ます。
おとなもこどもも、出処不詳の情報は必ず確認を取る習慣をつけたいものです。

災害時のICT活用を考える(発生時の情報収集)

今年は台風や地震の多い年になりました。台風は事前に情報収集できますが、地震の事前情報は緊急地震速報くらいです。
災害に遭った場合、どのようにICTを活用すればよいかを考えてみましょう。
災害の状況がどうなっているのかをまず知る必要があります。停電していなければ、テレビ、ラジオはもちろんのこと、パソコンやスマホを使って、「正確な」情報を収集します。
停電したら、スマホのラジオ受信アプリを使って情報を収集しましょう。*
地震であれば、「津波は来るのか」が大事になります。
次に避難しなければならない状況であるか、どうかを確かめます。避難指示や避難勧告が出ていないかは、お住まいの自治体のホームページにも掲載されます。
さて、気をつけなければならないのは、「正確でない情報」に振り回されることがないようにすることです。SNSの普及に伴って誰でも手軽に情報発信できるようになりました。その反面、匿名性があるSNSでは、「正確でない情報」も出回るようになりました。
十分注意しないと、「正確でない情報」を鵜呑みにしてしまい、振り回されてしまいます。
また、「正確でない情報」をこれは一大事と転送(リツイートなど)して、拡散してしまうとどんどん「正確でない情報」が拡散されます。
ですので、「これは一大事」と思ったときは、落ち着いて、これは「正確な情報」か?と情報を吟味する必要があります。
決して「正確でない情報」に惑わされず、「正確な情報」を収集することが、生死を分けることもあると覚えておく必要があります。
*スマホでラジオを聴くアプリには、radiko(ラジコ)、らじるらじるなどがあります。

プログラミング教育は何もICT技術者養成ではありません

2020年度から小学校で「プログラミング」が必修化となります。意外と誤解されているのが、新しい教科として「プログラミング」ができると思っていらっしゃる方が多いようです。実際のところは、教科としての「プログラミング」ではなく、教科ごとでプログラミングを用いて、より理解を深めることができるようになります。
たとえば、三角形を書くようにプログラミングすることで、三角形の内角の和は何度であるか、正三角形を書くためには、角度を何度で回転しないといけないか、外角は何度か、などを学びます。
学校でのプログラミングはあくまでも学習のツールです。
また、利用するプログラミング言語もScratchなどのわかりやすいもので、少し本格的言語とは異なります。でも、プログラミングの感覚は理解できると思います。
ですので、プログラミング教育で、ICT技術者を養成するものではありません。
プログラミンが得意な子もいれば、苦手な子もいるでしょう。今の段階ではそれほど心配する必要はありません。

私の教室に通うプログラムを学ぶ生徒さん(小学生から高校生までいらっしゃいます。大人の方もいらっしゃいます。)もみなさんが得意というわけではありませんが、最初は嫌がっていたのに今ではすっかりプログラミングを楽しんでいる方もあります。
保護者の方としては、プログラミングに触れる機会を早めに与えて上げることも大切だと思います。

コミュニケーションロボットを制御する生徒さん

AndroidWareとAppleWatch(第1回)

これから、AndroidWareとAppleWatchについてご案内して参ります

今日はAndroidWareについてご紹介します。

スマートフォンのOS(基本ソフト)にAndroidとiPhoneがあります。これらの端末には、ウエラブル(身につける)端末が用意されています。

たとえば、時計。AppleWatchがその代表ですね。この他、毎日の歩数や、血圧、睡眠状態を計ってくれる物があります。

今回はAndroidで利用できるAndroidWareについて紹介いたします。最初は時計です。

たとえば、スマートフォンとウエラブル端末を関連づけておけば、かかってきた電話が、時計で把握することができます。

また、スケジュールも通知したり、使い方によってはたいへん便利です。

写真は、ソニーのSmartWatch3です。

それぞれの機能は、順次ご紹介して参ります。

Smartwatch3

AndroidWareのSmartWatch3

 

スマートフォンの音声認識(第1回)

スマートフォンの音声認識は、日々進化しています。

iPhoneのSiri、Android端末(Google音声認識)、WindowsPhoneのコルタナ。

どれも使っていると便利ですが、今のところ、私はSiriが一番かなと思います。

そうそう、docomo端末の執事くんもセンスがよいですよ。

一度、だまされたと思って使ってみませんか?

キーボード入力が苦手な人でも大丈夫ですよ。

使い方を教えてという方は、訪問指導も致します。

2016年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年のお正月は春のような陽気でした。いかがお過ごしでしょうか?

さて、今年から、小学生向けのプログラミング初級講座を予定しております。決定し次第、お知らせいたします。

理論的な考え方を身につけるため、小さいうちからプログラミングを学習するお子さんが増えて参りました。

そのご要望にお応えするため、講座を開設いたします。

日本語で、しかも、パズルのように行いますので、難しくありません。開講以前にご興味をもたれた方はお問い合わせください。

それでは、2016年がみなさんにとって、素敵な1年になりますように。

四日市市プレミアム付商品券ご利用キャンペーンを実施します

四日市市プレミアム付商品券取扱加盟店です。該当の商品券をご利用の方には、通常5,000円(税込)の講習を4,000円(税込)で承ります。
(初回、商品券でお支払いいただいた場合、その講習が終了するまたは、12月31日までキャンペーン価格を適用いたします。)

 四日市市プレミアム付商品券ご利用キャンペーン料金  金額
 訪問指導(50分) 2,500
 出張費  1,500
 平成27年7月1日から平成27年12月1日までのキャンペーン料金です。

50分で訪問講習通常3,000円のところ2,500円で、出張費2,000円のところ、1,500円、合計4,000円で提供させていただきます。(すべて税込みです)

どうぞ、ご利用ください。

小型の持ち運びできるキーボード

Microsoftが発売した小型で持ち運びができるキーボードを購入しました。
Windowsだけでなく、Androidも、iPhoneやiPadでも利用できます。
小回りがきいて便利です。
image