災害時のICT活用を考える(事前の情報収集)

このエントリーをはてなブックマークに追加
今年の夏は、猛暑、豪雨、非常に強い台風そして大きな地震が起こりました。災害はいつ襲ってくるか判りません。被災時のICTを活用した情報収集などについて、お話ししましょう。
今日は、情報収集について、お話しします。
台風などは、日本にやってくる前から、気象情報・天気予報で台風の情報が流れます。
テレビ・ラジオはもちろんのこと、インターネットを活用して、都合の良いときに台風情報を入手することができます。
情報を提供しているのは、気象庁や気象予報会社になります。
これらのホームページで事前に予想進路を確認することができます。気象予報会社によってはスマホ用のアプリを提供している場合もあり、たいへん便利です。
「いついつ、台風が来そうだな、それなら、準備しておこう」と言うことが可能です。
情報はインターネットとスマホやタブレットを通じて、入手することができます。
合わせて覚えておきたいのは、ワンセグでテレビを視たり、radikoなどのアプリを使ってラジオも聴いたり、することができることです。
スマホを使って、情報収集することを片隅にでも覚えておくと良いでしょう。
※本記事は中日教えてナビに掲載したものです。
2018年10月10日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : wpmaster